CELL MUSIC GEAR

THE CELL MUSIC GEAR

やわらかい3Dタッチパッドを搭載したミュージックギアで
演奏の「かたち」から自由になろう
watch VIDEOORDER
最新情報を配信中
NEWS

PRODUCT

THE CELL MUSIC GEARとは

センサ開発企業タッチエンスとサウンドデザイナー中西宣人が共同開発した音楽機材”CMG:THE CELL MUSIC GEAR”。CMGは柔らかい3Dタッチパッドを搭載したミュージックギアです。

3Dタッチパッド

CMG内部には、柔軟触覚センサショッカクポット™を4×4のグリッド状に配置しました。これら16個のセンサにより、既存のタッチパネルのような2次元平面上の情報に加えて、パッドへの圧力も活用できる3Dタッチパッドが実現しました。
CMGの3Dタッチパッドを使うことで、楽器のピッチやボリューム、ハーモニーなどをXYZ軸の3次元で表現するだけでなく、ギターやシンセサイザのエフェクターや、DJプレイのコントローラとして多彩な演奏を楽しむことができます。

柔軟なインタフェース

「指でなぞる、押す、叩く、手の平で全面を押す」など、様々なアクションで演奏できます。16個のセンサの間を押した場合もセンシングでき、パッド全面を使って縦横無尽な操作可能です。CMGには、4つのモードが搭載されています。

シーケンスモード

リズムに合わせて16ステップの音を記録し、自動演奏させることができます。

プレッシャーモード

パッド面全面への押し込み圧力を音のコントロールに利用できます。

タップモード

叩いた位置によって様々な打楽器の演奏ができます。

マルチタッチモード

触った位置によって、音をコントロールすることができます。

様々な利用シーン

CMGはPC上のDTMソフトウェアと簡単に連携ができます。直感的な音のコントロール(パッドによる演奏、音階に合わせたシーケンス演奏など)をすぐに楽曲として記録し、「楽曲制作」「ライブパフォーマンス」「DJ」「複数人でのセッション」など様々な場面でご使用いただけます。

プログラミングによるハッキング

CMGは既存の形式や発想から自由になることを基本理念として設計されており、プログラミングによるハッキング(改造)を推奨しています。
CMGにはMIDIコントローラとして認識されるUSBポートだけでなく、シリアル通信用のポートを設けてあり、LEDの点灯パターンやセンサ出力の利用方法をプログラミングで変更することで、あなただけの音楽機材を創り出すことが可能です。

Get SDK
2016/11より配布開始予定

お問い合わせにて受付中!

ORDER